スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧十思小学校〜誇りや思い出が詰まった宝箱〜

こんにちは、ジジです。
すっかり秋を感じる季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


open!architecture2014の開幕もいよいよ間近に迫ってきました!

今日は、open!architecture2014のイベントの中から、ジジ一押しの旧十思小学校を取り上げたいと思います。



ご存知の方も多いと思いますが、open!architectureの活動は、
「建物それぞれが持つ『誇り』を街全体で見直す機会を提供したい」という思いからスタートしています。

どの建物でも所有者や関係される方々にとって「誇り」と言える部分があります。

中でも、旧十思小学校は、そうした「誇り」がたくさん詰まった宝箱のような建物なのです。


十思小学校



旧十思小学校の建物は、昭和3年に関東大震災後の復興小学校として建てられましたが、平成2年に惜しまれながら閉校しました。

取り壊しの危機にあった旧十思小学校を救ったのは、今回の見学会でもお話しいただく十思小学校校友会のS会長をはじめ、地域の方々の小学校に対する熱い思いでした。

S会長にお話をうかがいながら、かつて教室だった場所をめぐると、生き生きと学び遊ぶ当時の小学生たちの姿が鮮明に浮かび上がってきます。

小学校はなくなってしまいましたが、建物にゆかりがある方々のお話をうかがうことによって、我々は建物の持つ「誇り」や「思い出」を共有することができるのです。


また、旧十思小学校は今を生きる建物でもあります。

福祉施設や保育園、地域団体等が入居する複合施設「十思スクエア」として生まれ変わっており、そこには新たな「誇り」が生まれています。

施設を管理されている方や使用されている方のお話をうかがうことで、新たな気付きがあるのではないでしょうか。



旧十思小学校の見学会は、
2014年11月1日(土)10時〜12時です。


建物の魅力を味わうとともに、建物にまつわる様々な「誇り」を一緒に探しに行きませんか?

今回、保育園や町会室なども特別に見学させていただく予定です。


お申し込みは、公式ホームページからどうぞ!



[ジジ]
スポンサーサイト
プロフィール

「オープン・アーキテクチャー」スタッフ

Author:「オープン・アーキテクチャー」スタッフ

日本初・建物一斉公開イベント
「オープン・アーキテクチャー」
のスタッフブログです。
イベントに関連する情報を、
愉しくお伝えしていきます。

>> 公式HP
>> Facebookページ
>> Twitter
>> メールマガジン

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
ブログランキング参加中!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。