スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イベント案内】上野フェスティバルオブアーキテクチャー

こんにちは。
今年は雪や寒さが堪える冬ですね。
先日は、オープンアーキの活動史上、初の雪中見学会となりました。
その様子はまた近々ご紹介しますね。



さて、今日は、募集締切迫るイベントのご紹介です。

東京都の地域資源発掘実証プログラムとして、地元の上野観光連盟が精魂込めて行う建築ツアーです。
オープンアーキも企画監修や解説などで参画しています。


開催地は、美術館や博物館といった文化施設の集まる上野の杜。
芸術を優雅に鑑賞できる工夫を随所にちりばめた建物たちが、緑の中に点在する「建築の杜」でもあります。

この建築の杜を創ってきた「杜の職人たち」には、名立たる建築家が名を連ねていますが、
自分の建物だけを主張するのではなく、環境や近隣の建物をリスペクトしながら、優美な空間を創り上げてきました。
そんな彼らの想いに触れながら、建築の杜、上野を見学しようという試みです。




ここで少し、先日下見に行った東京国立博物館の様子をご紹介します。
“トーコク”(東京国立博物館の通称)は、
日本近現代の建築の変遷を見るのにも、とても面白い場所なんです。



明治末期の洋風建築・表慶館。(明治42年竣工、片山東熊設計)
toukoku01.jpg


toukoku02.jpg
うーん、この階段室たまりません。ルネッサンス様式。





続いて、昭和初期、ナショナリズムが色濃く表現された帝冠様式とも呼ばれる本館(昭和12年竣工、渡辺仁設計)
toukoku03.jpg

toukoku04.jpg
日本の社殿を彷彿させる中央階段。





昭和43年に竣工した東洋館は、谷口吉郎の設計です。
toukoku05.jpg
モダンからコンテンポラリーに一歩、踏み込んだのはこの辺りからでしょうか。
正面の柱列­、庇を兼ねた回廊など、和風モダンな外観が印象的です。

内部は吹き抜けになっており、地下1階から5階まで、スキップフロアとなっています。
toukoku06.jpg
大空間と多数の階段には、照明デザインも大切です。
平成の大改修では、LED照明を活用しているとか。




最後に、東洋館の設計をした谷口吉郎の息子、谷口吉生が設計した法隆寺宝物殿により、
完全なコンテンポラリー建築が表現されました。
toukoku07.jpg
法隆寺宝物殿という名前からは想像できない現代的な建物です。平成11年竣工。

toukoku08.jpg
ホワイエにあるこの椅子にも、設計者の想いが込められています。
そのお話は当日会場で。




さて、この建築ツアー、
2月開催分の募集は予想を上回る応募で締切を迎えました。
今回ご案内するのは、3月開催分の募集です。応募は2/19日水まで。→2月21日まで延長されました!

私たちの思い入れが強いイベント、親子ツアーを少しご紹介します。
親子ツアーに参加できるのは、小学校4年生~中学校3年生までの学生です。
同伴者として、保護者となる大人1名にご参加いただけます。
日程は、3月1日(土)12:50~17:50
モニターツアーなので、参加費不要です。2人で愉しめて無料というのも魅力ですね。

建築は他の芸術文化と異なり、その多くが、時間と共に変化や更新をしていきます。
建物の「いまの姿」を見ておくことは、子供たちにとても意義のあることだと思うのです。

さらに、このイベントは見るだけでなく、学ぶことを意識した構成になっています。
見学前のレクチャーで建物の概要を学び、解説を聴きながら見学、最後に
解説者の方を交えて茶話会をするので、気軽に質問ができます。

toukoku09.jpg
普段入ることのできない会議室でレクチャーを行います。会議室からの風景。
普段(職員も?)乗ることのできないVIP用エレベータで移動する予定です。


未来を担う子供たちにこそ、参加してもらいたいと、
スタッフは日々、企画準備を進めています!
募集期間は2月19日まで。→2月21日まで延長されました!
先ずは、下記のイベント情報をチェックしてみてください。

http://www.ueno.or.jp/ichioshi/ichioshi_33.html
(上野観光連盟ホームページに移動します。)

[マエジ]
スポンサーサイト
プロフィール

「オープン・アーキテクチャー」スタッフ

Author:「オープン・アーキテクチャー」スタッフ

日本初・建物一斉公開イベント
「オープン・アーキテクチャー」
のスタッフブログです。
イベントに関連する情報を、
愉しくお伝えしていきます。

>> 公式HP
>> Facebookページ
>> Twitter
>> メールマガジン

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
ブログランキング参加中!

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。